TRONプロジェクト


【TRONプロジェクトとは??】

  まず、TRON(トロン)とは、The Real-time Operating system Nucleus の略称であり、1984 年に東京大学
の坂村健博士によって開始されたプロジェクトである。現在、産業界と大学の協力のもとで、まったく新しいコン
ピュータの体系の実現を目指している。トロンプロジェクトは、6つの基礎サブプロジェクトと、いくつかの応用サブ
プロジェクトに分かれて進行している。具体的には、トロン仕様チップ( VLSI を用いたマイクロプロセッサのアー
キテクチャ)、 ITRON (組み込みシステム用リアルタイム OS 仕様)、 BTRON (パソコンやワークステーション
用の OS 仕様とその関連仕様)、 CTRON (通信制御や情報処理を目的とした OS インタフェース仕様)、 MT
RON
(以上のOS を相互に接続するための追加仕様)、 TRON 電子機器ヒューマンインタフェース(各種の
電子機器のヒューマンインタフェースの標準ガイドライン)の各サブプロジェクトが進行している。

TRONの概要図

この図は自作です

【トロン仕様チップ】
  インテリジェントオブジェクトを作成するためには、汎用マイクロプロセッサシリーズが必要である。トロン
仕様チップは HFDS 構成要素を提供する VLSI マイクロプロセッサとして独自に開発された仕様である。ト
ロン仕様チップは 1990 年代と 21 世紀の半導体技術がフルに生かせるよう、将来拡張されても大丈夫な
ように設計されている。



【 ITRON(Industrial TRON) 】
  ITRONプロジェクトは、機器組み込みシステム用のリアルタイムOSと、それに関連する仕様の標準化をお
こなうプロジェクトである。プロジェクトの開始から現在までに、一連のITRONリアルタイムカーネル仕様を策
定・公開してきた。その中で、民生機器に代表される小規模な組み込みシステム向けに設計されたμITRO
Nリアルタイムカーネル仕様は、極めて多くの組み込み機器に利用されており、この分野における業界標準
仕様となっている。



【 BTRON(Business TRON) 】
  BTRON は人間と計算機がスムーズに情報伝達できるようなパソコンやワークステーションのアーキテクチ
ャである。統一的なヒューマンマシンインタフェース( HMI )、そしてデータ移植性を目的とするトロンアプリケー
ションデータバス( TAD )を用いてデータ互換性が保証されることが重要視されている。 BTRON HMI の主た
る特徴はキーボードと電子ペンを入力デバイスとするグラフィカルユーザインタフェース( GUI )である。タッチパ
ネルを電子ペンの代わりに入力デバイスとすることができ、ペンだけを使用する HMI ガイドラインも現在作成
中である。



【 CTRON(Communication and Central TRON) 】
  CTRON は情報通信ネットワークの交換処理、通信処理、情報処理の各ノードに共通に適用できるオペレ
ーティングシステムインタフェースである。情報化社会の幕開けといわれた 80 年代から、 CTRON は情報通
信ネットワークの核となるべく、 CTRON インタフェース仕様の検討、ソフトウェアポータビリティ評価実験、リア
ルタイム性の評価実験などが行われてきた。



【 MTRON(Macro TRON) 】
  HFDS 実現の鍵となるのが MTRON サブプロジェクトである。 MTRON は大規模コンピュータネットワークの
ための「オペレーティングシステム」を構築するための 1 つの体系としての意味合いを持つ。 MTRON での研
究は最近になって活発となってきた。重要研究テーマには TULS ( TRON Universal Language System )を用
いたプログラマブルインタフェースや、 MTRON の核となる ITRON を拡張した IMTRON などがある。


参考:TRONプロジェクト 1995 -トロンプロジェクトとは-
    ITRON Project


作成:柳谷 洋行   2003.7.27
mail: d4697